230125

どうも、津々巳です。

去年、試写会に招待して頂いていたにも関わらず
気付いたら公開してて感想を言う機会を逃したまま
年まで開けてしまった次第です。

230125_2

端的に言うと、ホラーというよりコメディでした。
映画公開前に始まった貞子のYouTubeチャンネルのイメージがすごく近いな
…と思って今みたら更新が10か月前で一旦止まってるから本当に映画用に作ったチャンネルかもしれません(笑)<※ショート動画は最近も出してました
でも結構面白いし数字も稼いでるので、もったいないから続けて欲しいなぁ。

ホラーとして見ると「?」となりますが
それぞれのキャラクターもたってるし、最後全部持っていく引きこもりイケメンが
すごくカッコいいし、ラストは観客も笑っちゃうぐらい色んな貞子さんが見れるので
ホラー風ラブコメとして観ると楽しめるかと思います。
未だとアマゾンプライムで観れますね。
お茶とお菓子を用意して観るのにいい作品かと。



貞子シリーズは小説から入ってるのですが
ホラーなのは
「リング」、「らせん」辺りでそれ以降はSFなんですよね。
映像としてのホラー“貞子”は、映画が作り上げたキャラクターです。本編ではほとんど出てこないので。
そのエンタメ化した貞子をどう動かすかというのは
貞子企画チームが色々考えてホラーコラボしたり、あえてコメディ化したり、
またホラーに戻ったり…としてるのだと思います。

私が以前描いた「貞子さんとさだこちゃん」は
ホラーに原点回帰した「貞子」のコミカライズだからこそできた
コメディマンガです。
だからか、今回の貞子DXの雰囲気にも既視感を感じてしまいました。

4

5

6

7

8

9

そういや漫画でも貞子はユーチューバーしてたので本物?の貞子が
ユーチューバーデビューしたの嬉しかったですね(笑)